> キャッシングの審査で特に重視されるのは年収

キャッシングの審査で特に重視されるのは年収

消費者金融などの金融会社へキャッシングの申し込みをした場合、
契約して借り入れを開始する前には必ず審査を受けなければなりません。

各金融会社は、希望者から職業や勤続年数、収入状況などの情報の提供を受け、
これらと過去の借り入れと返済の履歴も考慮した上で
貸付けを行うかどうかを決定します。

審査において金融会社が参考にする情報の中で特に重視されるのは「年収」です。
これは、多くの金融会社が申し込み条件の中に
安定した収入があること」という内容の記載を行っていることからも重要さがうかがえます。

年収に見合った限度額が設定される

基本的に、キャッシングは収入が多ければ多いほど
限度額も高く設定できるようになります。
逆に言えば、収入がなければ、どんなに高く限度額を希望しても
希望通りにはならず、収入に見合った限度額が設定された上で契約が行われます。

一年間の収入が全く無い場合であっても、
配偶者に十分な収入があればキャッシングが可能になることもありますが、
キャッシングが出来るようになった場合でも、
利用者本人に十分な収入が無いために限度額はかなり低く設定されます。

年収の3分の1まで

また、消費者金融や信販会社からキャッシングを行う場合は、
貸金業法の総量規制の規定も関係してきます。
全ての個人はこの総量規制により、貸金業者から年収の3分の1を超えて
借り入れを行うことができなくなっています。

この総量規制は銀行法の適用を受けている金融機関は対象外ですが、
審査において収入状況が考慮されることには変わりありません。