>

2006年に施行された賃金業法

消費者金融申込み前のカシコツでも
借りていい人と借りてはいけない人がいるという類の説明を
させて頂きましたが、これは昔のことを考えると
わかると思うのです。

2006年に施行された賃金業法の衝撃的だった点は、
消費者金融のサービスの上限金利が29.2%から
20%に引き下げ
になったということにつきます。

これにより、グレーゾーン金利の問題が解消しました。
いわゆる上限金利の引き下げによる差分のパーセンテージをグレーゾーン金利
といいますが、多くの会社から借り入れをし多重債務に苦しむ方々は
こぞって債務整理の過払い金返還請求という方法で司法書士を通して返還請求、
つまり払いすぎたお金を消費者金融から返してもらう方法を取るようになりました。

その外、年収の3分の1までしか消費者金融は貸付してはいけませんよという
取りきめの総量規制という規制が加わりました。

改訂された理由

なぜこういった改訂が加えられたのか
もしかするというまでもないですが、2006年以前の金貸しというものは
今よりも良い方が悪いですが緩かったという面があります。
これは経済とのギャップなどからも生まれていたと思います。

日本以外の諸国を見つめると面白いですが
現在の日本の消費者金融は比較してかなり低金利といっていいでしょう。
だいぶ改善が加えられた結果と言えるでしょう。

書きだしの借りてはいけない人に戻りますが、
こういった改訂があり制限が設けられている為、
一言でいうと審査に通らない場合はお金を借りてはいけない
という状態になったといっていいのではないでしょうか。

色々な考え方もあるとは思いますが
賃金業法の改訂は正解だったと思います。